お昼寝用の簡易ベッド(コット)について

園児のお昼寝用に簡易ベッド(コット)を採用することにいたしました。
 img56448101(写真はイメージです)


当初はお布団をレンタルする予定でしたが、衛生面などを含めて検討した結果、多くの保育園で採用されている簡易ベッド(コット)を選びました。


<こどもの午睡時環境の改善点>
◆ 床のほこりなどを布団が吸い上げない → ハウスダストやアレルギー症状の軽減床に直接布団を敷くのではなく、この【お昼寝(午睡)ベッド】を使用することで、衛生的にも健康的にも大変子どもの環境がよくなります。
◆ 寒くない、暑くない → 床とベッドの間に空気の層ができるので快適お昼寝(午睡)ベッドを使用することにより床面とお昼寝(午睡)ベッドとの間に空気の層が入りますので、直接床に布団を敷くのに比べ、【夏は涼しく、冬は暖かい】環境をつくることができます。
◆ 邪魔されない自分の場所(空間)が確保できる → 安心して熟睡できる

img64617040 (写真はイメージです)


<保護者、保育者にご好評な点>
・ 布団の上げ下ろしがない → 軽く頑丈なため、腰への負担が少ない
・ 午睡準備が楽になった → 並べるだけでOKなため、他のことに時間がさける
・ 布団の収納スペースがいらない → 省スペースによる保育室の有効活用
・ 布団の持ち帰りがなくなった → ベッドに敷くシーツやタオルケットだけでOK
キャスターの上にベッドを積み重ねて移動することができるので、保育者の労働軽減にもなりますし、保護者の方にとっても布団の持ち帰りがなくなるので大変好評だそうです

<ベッドの利点>
1 清潔
埃が立たない。ネットがメッシュ地なので汗などで湿ってもすぐに乾く。汚れても水ぶきできる。ダニなどがいないため布団の様に日々干さなくてもよい。

2 軽量
布団より軽く、かさばらないので持ち運びやすい。キャスターを利用すれば15台くらい重ねたまま移動できる。床との間に空間が生まれるので、夏は涼しく冬は暖かくご利用できます。(夏はタオルケット、冬はタオルケットと毛布だけでok。)

3 堅牢
簡易ベッドとして正常な状態でお使いいただければ、ほとんど破損がおこらない。


 13020713535632mf_l (写真はイメージです)
※ イベント当日、実際にご覧いただけます。 
※ 入園の際、大判タオルにゴムを縫い付けた専用シーツを作成しご持参いただくことになります。
※ 掛け布団用タオルにもゴムを縫い付けておくと寝返りをしても掛け布団が落ちないようです。

 

 

カテゴリー: Staff blog パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>